‘の使用方法を知っていますか?’大多数の企業が日常業務にソフトウェアを使用しているため、これはすべての雇用主が尋ねる最も基本的な質問の1つです。それに精通していることは、あらゆる場所の求職者にとっての資産になっています。  

Microsoft Excelは、ユーザーがデータを整理、保存、操作できるようにするソフトウェアプログラムです。 Excelは用途の広いツールです。これは主にエンジニアによる数値データで使用されますが、テキストを使用して遭遇することもあります。テキスト関数は、Excelで書式設定された数値を結合する場合に特に便利で、作業が簡単になります。 

Excelでのテキスト列の使用

テキスト関数は、数値の表示方法を変更するのに役立ちます。これは、フォーマットコードを使用してフォーマットを適用することによって使用されます。数値をより正確な形式で表示したい場合や、数値をテキストや記号と組み合わせたい場合に不可欠です。 

‘text to column’を使用して、単一のセルで指定されたデータを複数のセルに分割できます。たとえば、あなたの名前「Angelina」はセルA1にあります。名をセルA2に、姓をセルA3に配置する必要があります。 「テキストから列へ」は、データを単一のセルA1から2つの異なるセルA2およびA3に分割するのに役立ちます。

「テキストを列に変換ウィザード」を使用して、1つのExcelセルの内容を別の列に分割できます。これは、リスト名を区切る場合によく使用されます。

Excelのテキスト機能はいつ必要ですか?

テキスト関数は数値をテキストに変換するため、後の計算で参照するのが困難になることに注意してください。元の値を1つのセルに保持してから、別のセルでテキスト関数を使用することをお勧めします。その後、他の数式を作成する場合は、テキスト関数の結果ではなく、常に元の値を参照してください。テキスト機能は、次の場合に使用します。

  1. 日付を指定した形式で
  2. 表示したい場合数字を指定した形式で読みやすく表示し
  3. たい場合数字とテキストや文字を組み合わせたい場合

ラベルの追加やワークシートへのテキスト

ラベルの追加は、整理に混乱しないようにするために不可欠です。 「学校」などの単純な名前は、セルに何を入れるかを他の人に知らせます。また、ラベルはより複雑な指示を提供することもできます。フォームにラベルを追加できます。テキストボックスにラベルを追加するには、次のことを行う必要があります。

  • 最初に [開発者、 
  • ]をクリックし次に[挿入、 
  • ]をクリックし最後にクリックして[ラベル]に進み

ます。好みに適したワークシートの場所を選択します。

exceにテキストを数値に変換するL 

あなたが使用する必要があるメソッドは、番号がテキストに変換された方法によって異なります。ここに簡単なものがいくつかあります。

  1. 「数値に変換」オプションの使用-  数値にアポストロフィを追加すると、数値の形式がテキスト形式に変更されます。このような場合、Excelではセルの左上部分に緑色の三角形があることに気付くでしょう。

    テキストから数値に変換するすべてのセルを選択し、Microsoft Excelの右上に表示される黄色のひし形のアイコンをクリックすると、数値をテキストに簡単に変換できます。表示されるメニューから、[数値に変換]オプションを選択します。これにより、テキストとして保存されている数値が対応する数値に変換されます。よく見ると、変換後の右側の数値が整列
  2. ます。フォーマットをテキストから一般/数値に変更します- されていることがわかり数値がテキストとしてフォーマットされている場合、セルのフォーマットを変更することで、簡単に数値に戻すことができます。 。フォーマットをテキストから数字に変更する方法は次のとおりです。
    • まず、テキストから数値に変換するすべてのセルを選択します。 
    • 次に、[ホーム]、[番号]の順に移動します。 [数値形式]ドロップダウンで、[一般]を選択します。
      このメソッドは、一般で選択されたセルの形式を、右揃えになる数値に変更することになっています。
  3. 貼り付けオプションを使用してテキストを数値に変換する- ワークシートの空のセルに1を入力するだけです。数値としてフォーマットされていることを確認します(つまり、セルの右側に配置します)。次に、1を含むセルをコピーします。その後、テキストから数値に変換するセルを選択します。右クリックして、[形式を選択して貼り付け]を選択します。 [形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスで、[操作]カテゴリ内の[乗算]を選択し、最後に[OK]をクリックします。
  4. テキストを列に使用してテキストを数値に変換する- この方法は、単一の列にデータがある場合に適しています。最初のステップは、テキストから数値に変換するすべてのセルを選択することです。次に、[データ]に移動し、次に[データツール]に移動して、[テキストから列へ]をクリックします。
  5. テキストから列へのウィザード -最初のステップは、「区切り」を選択して「次へ」をクリックすることです。その後、区切り文字としてタブを選択し、[次へ]をクリックします。最後に、列データ形式で、[一般]が選択されていることを確認します。結果が必要な宛先を指定することもできます。何も指定しない場合は、元のデータセットが置き換えられます。

テキストボックスをデータセルにする方法テキストボックスをデータセルに

リンクリンクするのは簡単です。あなたがする必要があることは次のとおりです: 

  1. 最初のステップはExcelにテキストボックスを挿入することです。これを行うには、ワークシートの上部にあるテキストを選択します。テキストボックスを挿入した後、マウスを使用してワークシート上の領域にドラッグします。 
  2. 次は、テキストボックスに数式を挿入します。 
  3. 最後に、テキストボックスを選択したまま、F2キーを押します。これにより、数式バーがアクティブになります。目的の数式を記述して、Enterキーを押します。その後、テキストボックスにリンクされたセルに含まれるデータが表示されます。 

8つのテキスト関数数式

Excelのテキストボックスは数式を保持できず、計算を実行できません。ただし、数式バーを使用して、テキストボックスから数式を含むセルを参照できます。 オフィスでの作業を簡素化するために知っておく必要のあるテキスト関数を次に示します。

  1. 左()と右()- 左と右の関数は、セル値からデータを抽出します。この関数は、好みに応じて、セルに書き込まれた特定の数の文字値を左側または右側から取得するのに役立ちます。これは、特定のセル参照からテキストを分離するだけです。 Left関数とright関数は、プル元のセルとプルする文字数の2つの引数を取ります。

左の関数syntax    = left(text、num_char)

右の関数syntax =right(text、num_char)

  1. MID()- excelのMID関数は、文字列の中央から指定された数の文字を取り出します。これを使用して、別のセルの文字列の途中にある文字数。

中間関数の構文 = MID(text、start_char、num_chars)

  1. FIND()- find関数は、Excelの組み込み関数です。これは、特定の文字列内の単語または数字、および特定の文字の位置を検索するために使用されます。

検索関数の構文 = FIND(find_text、within_text、[start_num])

  1. PROPER()- この関数は、文字列内の各単語の最初の文字を設定し、適切な大文字と小文字に変換します。

関数構文の検索 = PROPER(Text)

  1. LEN()- Excelのこの関数は、文字数である文字列の長さを知るのに役立ちます。

Len関数の構文 = LEN(text)

  1. REPT()-このExcelの関数は、特定のテキストを特定の回数繰り返す場合に使用されます。 

Rept関数の構文 = REPT(Text、number_times)

  1. UPPER()&LOWER()- この関数は、文字を大文字または小文字に変換する場合に使用されます
  2. TRIM()- 余分な削除し テキスト文字列の先頭、中間、および末尾からスペースをます

エクセルテキスト関数が機能しない場合のヒントテキスト関数で

「#NAME?」というエラーが表示されることがあります。これは、間違った数式が追加された場合に発生します。あなたがする必要があるのはあなたの公式が間違っている理由を研究することです。フォーマット内の引用符をスキップすると、テキスト機能が機能しない場合があります。その例として、日付を入力する場合、数式は= TEXT(Cell#、” mm-dd-yy”)である必要があります。必ず引用符を含めてください。 

これらすべてのテキスト機能を理解し、それを日常のタスクに追加すると非常に役立ちます。それとは別に、高度なエクセルスキルを習得すると、基本的なエクセルを学ぶよりも多くの仕事の機会が得られます。何を求めている?今日からExcelの学習を開始し、Excelのスキルを磨くための練習を続けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です