エクセルで入力した漢字にふりがなを付けたり訂正したりできる?

エクセルは名簿を作成することも便利なソフトなので
名前や住所、電話番号などを入力していくこともあるでしょう。

とくに名前は漢字ひとつで、読み方が幾通りかあり
「ふりがな」を付けれたらなと思うかもしれません。

今回の「ふりがな」は同じセル内に「ふりがな」を付ける場合の
方法をご説明します。

もちろん隣のセルに「ふりがな」の列を作ることもできます!
いくつか方法を知っておくだけで、そのときに最適な作業ができるはずです。

では実際に見ていきましょう!

 

「ふりがな」を付ける際の注意点

エクセルで漢字を入力すると
漢字に変換前のひらがなの情報も一緒に記憶されます。

漢字に変換する前のひらがなの情報を「ふりがな」として
漢字の上に付けることができるのです。

しかし、漢字に変換する前のひらがなの情報なので

  • 漢字が読めずに、一つずつわかる読み方で入力した
  • 他の読み方で入力した

この場合は入力したまま表示されます。

 

漢字と同じセル内に「ふりがな」を付ける方法

【ホーム】タグ → 【ふりがなの表示/非表示】 → 【ふりがなの表示】の
順にクリックします。

 

すると、漢字変換前に入力した通りにふりがなが付きました。

この時の注意点として
他のソフトで入力した漢字をコピーして貼り付け場合
漢字に変換する前のひらがなの情報はありませんので
「ふりがな」は付きません。

次の「ふりがなの編集」でふりがなを付けましょう。

 

「ふりがな」を訂正したいとき

先程、お話ししたように
漢字変換前のひらがなの情報をエクセルは記憶しているため
間違っている読み方を訂正したいときありますよね!

それに、他のソフトの漢字をコピーして貼り付けた場合は
「ふりがな」を付けることができませんでした。

そんなときも手順は同じです。

 

【ホーム】タグ → 【ふりがなの表示/非表示】 → 【ふりがなの編集】の
順にクリックします。

 

すると、ふりがなに枠がつきカーソルがありますね!
【Back Space】キーで消して、正しい情報を入力しましょう。

もし、苗字を訂正したい場合は苗字をクリックすると同じ様に枠がつき
訂正することができるようになります。

 

「ふりがな」の設定について

【ホーム】タグ → 【ふりがなの表示/非表示】 → 【ふりがなの設定】の
順にクリックします。

 

「ふりがなの設定」画面が表示されました。

【ふりがな】タブをクリックすると

種類を

  • ひらがな
  • 全角カタカナ
  • 半角カタカナ

から、選ぶことができます。

 

配置も

  • 左寄せ
  • 中央揃え
  • 均等割り付け
  • 指定なし

から、選ぶことができ
サンプルで確認しながら設定します。

 

【フォント】タブをクリックすると

  • フォント名
  • スタイル
  • サイズ
  • 下線
  • 文字飾り

を、プレビューで確認しながら変更することができます。

 

ぜひ、覚えて活用してみてくださいね!

 

Follow me!

データ復旧サービスを依頼するなら