ワードで文書を1段組だけではなく2段組や3段組にはできる?

文書作成の内容によっては、下の例のような長文文書も作成することが
出てくるかと思います。

長文になると、1行に並ぶ文字数がとても多くなり、目を左から右へ動かして
読み続けるのも大変疲れます。

 

そんなとき、下のような文書でしたらどうでしょうか?

1行あたりの文字数が減り、左から右へ目を動かす範囲が狭まり
楽に読むことができます。

これを「段組み」と呼びます。

通常、何も設定しない文書は1段ですが、
ほかに

  • 2段
  • 3段
  • 1段目を狭く
  • 2段目を狭く

があります。

 

 

では、実際に段組みをやってみましょう!

 

 

文書を段組み設定する方法

段組み設定したい文書全体を範囲選択します。

範囲選択は文書内すべてのを段組みにする場合は
文字列の左側にマウスポインタを移動し、白い矢印が出たところで
3回マウスの左ボタンを連続クリックすれば、全体が範囲選択されます。

一部分の場合は、白い矢印が出たら下へドラッグをし、
範囲選択をしましょう。

 

【レイアウト】タブ → 【段組み】 → 【2段】の順にクリックします。

ワードの画面が最大化になっている場合はとなっています。

 

文字数が少ない場合は、1ページに収まるのであれば
下の例のように2段組にしても1段にしかならない場合もあります。

 

そんなときは
次の段の先頭に移動させたい文字列の文頭にカーソルを置きます。

 

【レイアウト】タブ → 【ページ/セクション区切りの挿入】 →
【段区切り】の順にクリックします。

ワードの画面が最大化になっている場合は
【ページ/セクション区切りの挿入」がとなっています。

 

 

文書全体が2段になりましたね!

今回は2段組の説明をしましたが、同じように3段組も設定することができます。

 

下の例のように文書の下に写真やイラストがある場合は
【段区切り】を行わなくても、きれいに2段や3段に配置されます。

 

 

段組み同士の間の余白の幅は変更できる?

下の例は極端すぎますが、段組み同士の間の余白の幅を変更することができます。

しかし、余白を取りすぎると余白ばかりになり文章が下に長くなってしまいますし
余白が狭すぎても読みにくいものです。

適度に余白を保ったほうが読みやすさはあるかと思います。

 

≪余白が広い場合≫

 

≪余白が狭い場合≫

 

 

余白の幅調整の仕方

ルーラーを表示させると (【表示】タブ→【ルーラー】にチェック)

  • グレーの部分は余白
  • 白い部分は文字列

となっています。

グレー部分と、白い部分の境界にマウスポインタを移動させると
白い矢印が出ますので、左右にドラッグしてみましょう。

余白が広くなったり狭くなったりしましたか?

 

そのほかにも方法はあります。
【レイアウト】タブ → 【段組み】 → 【段組みの詳細設定】の順にクリックします。

 

「段組み」の画面が表示されました。

段の幅と間隔の【段の幅】【間隔】の数字を変更して
【OK】をクリックすることで幅を変更することができます。

「段の幅をすべて同じにする」にチェックをつけておくと
段落番号の「1」のみ入力可能で、「2・3」は入力不可能となります。

 

 

段落同士の間に境界線を引くことはできる?

下の例のように、境界線を引くと段と段の分かれ目がはっきりし
よくわかるようになります。

境界線の引き方をやってみましょう!

 

【レイアウト】タブ → 【段組み】 → 【段組みの詳細設定】の順にクリックします。

 

「段組み」の画面が表示されました。

【境界線を引く】にチャックを入れ【OK】をクリックします。

境界線は引けましたか?

 

段組みは長文文書ではとても役に立つ機能です。
相手が読みやすいようにするために、左から右へ目を動かす範囲を
狭くすることで疲れさせないというメリットがあります。

ぜひ機能を覚えて活用しましょう!

Follow me!

データ復旧サービスを依頼するなら