エクセル「数値」で覚えておきたい表示形式6つ!

【ホーム】タグの数値に関する

  • 表示形式
  • 通貨表示形式(¥や$)
  • パーセントスタイル(%)
  • 桁区切りスタイル
  • 小数点以下の表示桁数を増やす
  • 小数点以下の表示桁数を減らす

この6つの説明をしたいと思います。

エクセルは数字を扱うことがほとんどと言っていいほどで
数値に関する表示形式は必要となってきます。

覚えておくと、後々楽に作業が進みますので
ぜひ覚えておきましょう!

 

「1/2」と入力しても、Enterを押すと日付になってしまう…

エクセルで「1/2」と入力して【Enter】を押すと
下の図のように「1月2日」と日付になってしまうのです。

 

【1月2日】のセルをクリックすると
数式バーには「2017/1/2」と日付が入っていることがわかります。

 

「1/2」を分数として表示する方法

分数として表示させるためには
分数にしたいセルをクリックします。
広範囲であれば範囲選択をしましょう。

【ホーム】タグ → 【表示形式】下向き▼ → 【分数】の順にクリックします。

その後に【1/2】と入力すると分数のまま表示されます。

 

【1/2】をクリックすると
数式バーに「0.5」と分数の数値になっていることがわかります。
計算式で使用することができますね!

 

 

「1/2」を文字として表示する方法

文字として「1/2」と表示させたい場合ですが
方法が2つあります。

  • 頭に「’」シングルクォーテーションを入力する
  • 表示形式を「文字列」にする

 

まずは、「’」シングルクォーテーションを入力する方法です。

【’1/2】と入力し【Enter】を押します。

すると、セルは「’」が消えて「1/2」のみ残りました。
しかし、数式バーは「’1/2」となっています。

 

文字として表示させたい場合はこの方法でも良いです。
計算式で使用することはできません。

 

次に表示形式を「文字列」にする方法ですが
文字列にしたいセルをクリックします。
広範囲であれば範囲選択をしましょう。

【ホーム】タグ → 【表示形式】下向き▼ → 【文字列】の順にクリックします。

 

その後に【1/2】と入力し、【Enter】を押すと
「1/2」と入力されました。

数式バーも「1/2」と文字で入力されていることがわかります。

シングルクォーテーションを使用した場合と同じく
計算式で使用することはできません。

 

「¥」マークを付ける方法

「¥」マークを付けたいセルをクリックします。
広範囲の場合は範囲選択します。

【ホーム】 → 【通貨表示形式】の順にクリックします。

 

すると、「¥」が付き3桁単位でカンマも付きましたね!

 

「¥」以外の通貨表示方法

通貨表示形式をクリックすると「¥」マークが優先的に出てきますが
通貨表示形式の横にある下向き▼をクリックすると
下のように

  • USドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • スイスフラン

と、他の通貨記号が表示されます。

【その他の通貨表示形式】をクリックすると
下の「セルの書式設定」画面が表示されます。

 

「小数点以下の桁数」を変更すると
サンプルのように小数点以下の桁数を変更することができます。

 

「記号」の下向き▼をクリックすると
USドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン以外の記号も表示されます。
それらを選択するときに使用します。

 

「負の数の表示形式」は
数値が負、マイナスが出た場合の表示の仕方を変更することができます。

 

「¥」マークの位置を揃える方法

下の図の「F3からF7」までの「¥」マークの位置がバラバラですね。

これを揃えたいときは
「¥」マークを揃えたいセルを範囲選択し
【ホーム】タグ → 【表示形式】下向き▼ → 【会計】の順にクリックします。

すると、「H3からH7」のセルのように「¥」マークをきれいに揃えることができます。

 

 

「%」パーセントスタイルにする方法

パーセントスタイルにするには、手入力で【100%】と入力すればいいのですが
例えば、エクセル画面いっぱいの表で上から下まで入力していくのは
とても大変です。
計算式で出した値をパーセントスタイルにしたいのなら尚更です。

 

パーセントスタイルにしたいセルを範囲選択します。

【ホーム】タグ → 【%】の順にクリックします。

 

すると、「1」→「100%」、「2」→「200%」に変更しましたね!

このようにパーセントスタイルにすることが簡単にできます。

 

桁区切りスタイルを付ける方法

下の図をパッと見ると、いくらなのか分かりづらいですね。
値に3桁単位のカンマを付けると、とても見やすくなると思います。

 

カンマを付けたいセルを範囲選択します。

【ホーム】タグ → 【桁区切りスタイル】の順にクリックします。

 

すると、すべて3桁単位でカンマを付けることができました。

 

小数点以下の桁数を指定する方法

小数点以下の桁数を指定したいセルを範囲選択します。

【ホーム】タグ → 【小数点以下の表示桁数を増やす】または
【小数点以下の表示桁数を減らす】の順にクリックします。

 

下の図は【小数点以下の表示桁数を増やす】を2回クリックした場合です。

 

 

その他の方法として
【ホーム】タグ → 「数値」の【↘】をクリックします。

 

「セルの書式設定」画面が表示されました。

【表示形式】タブ → 分類を【数値】 → 小数点以下の桁数を入力します。
桁数は▲▼でも調整できます。

 

様々な表示形式がありました。

覚えてぜひ活用しましょう!

 

Follow me!

データ復旧サービスを依頼するなら