ワードで作成した文書の印刷で知っておくと便利なこと・前編

ワードで文書作成したら、印刷をして
町内会で回覧板を回したり、会社で提出したりしますよね!

さて、印刷はどのようにすればいいのでしょうか。
難しいことは何一つありません!
印刷でも、知っておくと便利なこともありますので
一つずつ見ていきましょう!

 

ワードの文書の印刷手順は?

まずは「印刷」をする手順を見ていきましょう!

数枚文書が作成してある場合は
すべて印刷されます。ご注意ください.

 

【ファイル】をクリックします。

 

 

【印刷】をクリックします。

 

 

右側がプレビュー画面になります。
何ページか作成した場合はスクロールバーを動かして確認することができます。

プレビューを確認して問題がなければ、部数を設定して【印刷】をクリックすると
印刷されます。

印刷だけしたい!ならこれだけで印刷されます。

(プリンターの設定はプリンターにより異なるため、説明書をご確認ください。
プリンターが設置してあり、パソコンと接続されている場合に限り印刷できます。)

 

 

 

数ページあるうちの1ページ目だけを印刷したい!

文書作成は2ページのときもあれば、100ページ以上のときも
あるかと思います。

そんなとき、「1ページ目だけ印刷したい!」ときや
「53ページ目から55ページだけを印刷したい!」なんてことも
絶対に出てきますよね!

印刷するページの指定方法を見ていきましょう!

印刷指定方法は2通りあります。

  • 印刷したいページにカーソルを置き、【印刷】へ進む。
  • 【印刷】画面の設定でページを指定する

実際にやってみましょう!

 

 

印刷したいページにカーソルを置いて印刷をする方法

印刷をしたいページのどこでもいいので、カーソルを置きましょう。
カーソルを置いたら
【ファイル】 → 【印刷】の順にクリックします。

 

 

設定の一番上にある【すべてのページを印刷】をクリックします。

 

 

表示された画面から【現在のページを印刷】を選び、【印刷】をクリックします。

これで、カーソルを置いたページのみ印刷されます。
複数ページ印刷する場合には不向きですが、1ページのみを指定する場合には
簡単に印刷することができますね!

 

印刷設定画面で印刷するページを指定する方法

複数ページ印刷する場合や
「100ページあるうちの53ページだけ印刷したい!」など
カーソルを置くことができなかったり、探すのが困難だったりするときは
【印刷】設定画面で指定したほうが早いです。

 

 

【ファイル】 → 【印刷】の順にクリックします。

設定の【ページ】の右に入力する欄があるので
印刷したいページを入力しましょう。

 

すると、入力した欄の上の表示が
「すべてのページを印刷」から「ユーザー指定の範囲」に変わりました。
どちらを先に設定、入力しても構いません。

 

入力が終わったら【印刷】をクリックすると、指定ページのみ印刷されます。
下の【53-55】とは53ページから55ページまでが印刷対象となります。

 

 

A4で作成した文書の4ページ分を1枚にまとめて印刷したい!

複数のページを縮小して1枚にまとめて印刷する方法があります。

例えば、A4で作成した文書の4ページ分を
A4の1枚の紙に縮小して印刷することができるのです。

では、やってみましょう!

 

【ファイル】 → 【印刷】の順にクリックします。

スクロールバーを動かし、設定の一番下にある
【1ページ/枚】をクリックします。

 

 

1枚に4ページ分を印刷したい場合は
【4ページ/枚】を選択し【印刷】をクリックします。

他にも

  • 2ページ/枚
  • 6ページ/枚
  • 8ページ/枚
  • 16ページ/枚

と、設定できます。

 

 

ページ番号や文書名がわかるように文書の上下に入れたい!

印刷する文書のページが多ければ多いほど
ページ番号や文書名を印刷しておくと、紙がバラバラになってしまっても
後々困りません。
ページ番号を見て並べ替えることができますね。

 

上部を「ヘッダー」
下部を「フッター」と呼びます。

ヘッダーに「わくわく広場のご案内」と文書名が挿入されています。

 

 

フッターに「ページ番号」が挿入されています。

実際にやってみましょう!

 

文書名をヘッダーに挿入してみましょう。

【挿入】 → 【ヘッダーとフッター】 → 【ヘッダー】 →
【ヘッダーの編集】の順にクリックします。

ワードが最大化になっている場合は【ヘッダーとフッター】はなく
なります。

 

ヘッダー部分にカーソルが表示されて、入力ができるようになります。
文書名などを入力しましょう。

【ホーム】タブをクリックすると、文字の大きさや色
左揃え・中央揃え・右揃えの配置を変更したりできます。
変更箇所はすべてのページに反映されるので、1枚1枚設定する必要はありません。

 

 

【デザイン】タブ → 【日付と時刻】
【デザイン】タブ → 【ドキュメント情報】
それぞれ順番にクリックしてみましょう。

 

 

【日付と時刻】をクリックすると
下のような画面が表示され、日付と時刻情報を挿入することが
でき、表示形式も選択できます。

 

 

【ドキュメント情報】をクリックすると
「作成者名」や「ファイル名」を挿入することができます。

 

 

では、フッターに切り替えて「ページ番号」を挿入していきましょう。

【デザイン】 → 【ナビゲーション】 → 【フッターに移動】の順にクリックします。

ワードが最大化になっている場合は【ナビゲーション】はありません。

 

 

フッターに移動したことを確認し
【デザイン】 → 【ページ番号】の順にクリックします。

ワードが最大化になっている場合はと表示されます。

 

 

表示されたメニューから選んで、ページ番号を挿入しましょう。

 

 

ページ番号の書式や開始番号を設定したい場合は
【デザイン】 → 【ページ番号】 → 【ページ番号の書式設定】の
順にクリックします。

 

 

「ページ番号の書式」画面が表示されるので
【番号書式】や【開始番号】を設定して【OK】をクリックします。

 

 

ヘッダー・フッターの作業を終了するときは
【ヘッダーとフッターを閉じる】をクリックします。

 

これで「ワードで作成した文書の印刷で知っておくと便利なこと・前編」は終了です。

次は
↓↓↓
ワードで作成した文書の印刷で知っておくと便利なこと・後編

Follow me!

データ復旧サービスを依頼するなら