ワードで図形の挿入がしたい!図形とワードアートを組み合わせよう編

図形を挿入して、目立つポップを作成したり
好きな形で写真を切り抜いたり…と視覚的に楽しめます。

ワードアートと組み合わせることで
お店のポップ以外にもポスターも作れますね!

 

ワードアートの記事はこちら↓↓↓
ワードアートを使って文書の見出し(タイトル)をもっと目立たせたい!

 

図形は様々な形が用意されており、色やスタイルも
自分の好みに自由自在に変えることができます。

今回は下のような図形をひとつひとつやってみましょう!
あとは応用ですので、自分で作成して楽しんでみてください!

 

 

図形とワードアートを重ねて作成したい!

図形とワードアートを重ねてポップを作成したり
ポスターを作成したりすることができます。

文字にシンプルな線の枠で四角に囲むだけなら
「囲み線」を使用すれば済むことですが
楕円や矢印、星、ハートなどと様々な形で文字を囲みたいとき
ありますよね!

そんなときの、図形とワードアートを重ねて作成する方法を
見ていきましょう!

 

 

図形を挿入していきましょう!

例では【爆発8pt】という図形を選択しています。

【挿入】タブ → 【図】 → 【図形】 → 星とリボンの【爆発8pt】の
順にクリックします。

ワードの画面が最大化になっている場合は【図】はなく、のみ表示されています。

 

 

マウスポインタがプラスの十字になるので
図形を挿入したい場所で、マウスの左ボタンを押したまま
斜めにドラッグして図形を挿入しましょう。

 

 

図形の色の変え方ですが、今回は例として

  • 図形の塗りつぶしを【黄色】
  • 図形の枠線を【線なし】

に、選択します。

 

色を変えたい図形の上をクリックし、選択します。
【書式】タブ → 【図形の塗りつぶし】の下向き▼ → 【黄】の順にクリックします。

 

 

図形の枠線の色を変更します。
【書式】タブ → 【図形の枠線】 → 【線なし】の順にクリックします。

 

 

ワードアートを挿入していきましょう

今回の例のワードアートは

  • ワードアートのスタイルを【塗りつぶし:黒、文字色1;影】
  • 文字の塗りつぶしを【赤】
  • フォントを【HGP創英角ポップ体】

に、選択します。

 

カーソルを挿入したい場所に置きます。

【挿入】タブ → 【テキスト】 → 【ワードアート】 →
【塗りつぶし:黒、文字色1;影】の順にクリックします。

ワードの画面が最大化になっている場合はが表示されています。

 

 

挿入されたワードアートの文字の変更します。
文字にグレーの網かけになっているのを確認して
「大売出し!!」と入力しましょう。

 

 

入力はできましたか?

入力ができたら、ワードアートの周りを囲んでいる点線の枠の上に
マウスポインタを移動し、矢印がついたプラスの十字に変わったら
クリックし、ワードアート全体を選択します。

 

 

ワードアートの周りの枠が、点線から実線に変わりましたね。
実線に変わると、ワードアート全体が選択されている証拠です。
これで色やスタイルを変更することができます。

 

 

文字の塗りつぶしを黒から赤に変更していきます。
【書式】タブ → 【文字の塗りつぶし】の下向き▼ → 【赤】の順にクリックします。

 

 

フォントを変更していきます。
【ホーム】タグ →  【フォント】の下向き▼ → 【HGP創英角ポップ体】の
順にクリックします。

 

 

ワードアートのフォントが変わったら
ワードアートの周りの実線の枠の上にマウスポインタを移動させ
矢印のプラスの十字に変わったら、マウスの左ボタンを押したまま
図形の上にドラッグして移動させましょう。

これで完成です!

 

 

図形とワードアートをグループ化してひとつの図にしよう

図形とワードアートを移動させようと思うと
両方とも選択をしないと、バラバラになってしまうため
ひとつひとつ移動させる手間が出てきます。

ひとつの図として認識させるために【グループ化】させましょう。

 

【ホーム】タグ → 【編集】 → 【選択】 → 【オブジェクトの選択】の
順にクリックします。

ワードの画面が最大化になっている場合は【編集】はありません。

 

 

マウスの左ボタンを押したまま、斜め右下にドラッグをして
図形とワードアートを囲みましょう。

 

 

 

図形とワードアートは範囲選択されましたか?
下のようにどちらにも枠がついていれば大丈夫です。

 

範囲選択されたら
【書式】タブ → 【配置】 → 【グループ化】の順にクリックします。

ワードの画面が最大化になっている場合は【配置】はなく
の下向き▼ → となります。

 

 

グループ化されてひとつの図として一緒に動かすことができます。

 

そして…、グループ化後の手直しですが、
もちろんできます!!

下の例を見ると、図形は点線ですがワードアートは実線になっていますね!
実線にすると色やスタイルを再び変更することができます。

実線の枠が出るまで、枠の上でクリックし実線が出たら手直ししましょう。

 

様々な形の図形とワードアートを重ねるだけで
ポップやポスターなど楽しむ幅が広がります。

ぜひ覚えて活用しましょう!

Follow me!

データ復旧サービスを依頼するなら