タスクバーを使いやすいように変更して効率の良い作業をしたい

 

タスクバーを上手に使うことで、パソコンを立ち上げたばかりでも
すぐに作業に移ることが可能になります。

よく使うアプリのアイコンをタスクバーに設置したり
必要のないアイコンを削除してすっきりさせたりして
作業しやすいように変えていきましょう。

 

タスクバーによく使うアプリアイコンを並べておく方法

アプリをすぐに呼び出せるようにタスクバーに「ピン留め」して設置してみましょう。

方法はいくつかありますので、今回は「ワード」を例に一つずつ見ていきましょう。

 

タスクバーのアイコンを右クリックしてピン留めする方法

ワードで作業しているときに「よく使うからタスクバーに設置して置きたいな」と思えば
すでにタスクバーにワードのアイコンが表示されているので

 

ワードの上で右クリック → 【タスクバーにピン留めする】 をクリックすると
タスクバーにワードのアプリアイコンがピン留めされます。

 

 

スタートメニュー内のアプリを右クリックしてピン留めする方法

【スタートボタン】 → 【ワード】を探し右クリック →

【その他】 → 【タスクバーにピン留めする】 の順にクリックすると
タスクバーにワードのアプリアイコンがピン留めされます。

 

 

 

タスクバーのアイコンの位置を変える方法

タスクバーのアプリアイコンの位置を変えて
よく使うアプリ順に並べたり、アプリのグループ分けしたりと
自分の使いやすいように変更することができます。

 

タスクバーのアイコンの位置は
「ドラッグ&ドロップ」で変える事が出来ます。

 

動かしたいアイコンの上で、マウスの左のボタンを押したまま左右に動かしてみましょう。


好きな位置に動かすことはできましたか?

 

注意:ピン留めをしていないアプリアイコンは位置が記憶されず、アプリを終了後
再び立ち上げても右端にアイコンが表示されます。

 

 

タスクバーの不要なアイコンを削除したい

不要なアイコンのピン留めを外す

タスクバーにピン留めをしてある、アプリアイコンは
アイコンの上で右クリック → 【タスクバーからピン留めを外す】をクリックすることで
表示されなくなります。

 

注意:動作中のアプリアイコンは【タスクバーからピン留めを外す】を選んでも
アプリが終了するまではタスクバーにアイコンは残ります。

 

 

スタートボタンの削除は可能?

【スタートボタン】は削除することはできません。

 

 

タスクビューを表示しないようにしたい

【タスクビュー】は、【タスクビュー】の上で右クリック →
【タスクビューボタンを表示】をクリックしてチェックを外し、タスクバーから削除します。

タスクバーに【タスクビュー】を戻したい場合は、アプリアイコンが無いタスクバーの上で右クリックをして
【タスクビューボタンを表示】をクリックしてチェックを付けましょう。

 

 

タスクバーの検索窓を表示しないようにしたい

【タスクバーの検索窓】は

  • 表示しない
  • Cortanaアイコンを表示(ボックスは表示させずアイコンのみ)
  • 検索ボックスを表示

の3つから選ぶことができます。

 

3つのどれを選択していても、【スタートボタン】をクリックしてから入力をすると
検索窓が出てきます。

 

「Cortanaアイコンを表示」を選択した場合、【Cortanaアイコン】 を
クリックすると検索窓が出てきます。

 

 

タスクバーの検索窓で様々な情報を探し出す方法

タスバーの左側にある「検索窓」は文字を入力すると、パソコン内にあるファイルやインターネットからの
様々な検索をすることができます。探し出したいファイル名が分かっていれば入力するだけで出てきますし
インターネット上で検索しようとしていることも「検索窓」を使用して検索することが可能です。

 

 

下の図のように検索したい文字を1文字でも入力すれば、検索対象となるファイルがいくつか表示されます。

検索窓の一番上に表示されている3つのボタン左から

  • アプリで検索結果をみつける
  • ドキュメントで検索結果をみつける
  • ウェブで検索結果をみつける

を選択して、検索対象を絞り込むこともできます。

右にある【詳細】をクリックすると他の検索対象を選択できます。

 

検索をキャンセルしたいときはキーボード左にある【Esc】キーを押して終了させましょう。

 

 

通知領域のアイコンを自分の使いやすいように整理する

タスクバーの右下にある「通知領域」にもアイコンがいくつか並んでいます。

あまり使わないアイコンはをクリックすることで、表示させることができます。

 

アイコンを表示させてり、非表示にしたりすることは自分で設定することが可能です。

 

 

【スタートボタン】 → 【設定】 → 【個人用設定】 の順にクリックします。

【タスクバー】をクリックし、スクロールバーを動かして下方を見ると、「通知領域」が出てきます。

  • タスクバーに表示するアイコンを選択してください
  • システムアイコンのオン/オフの切り替え

2つの項目がありますので、選択して設定をしていきます。

 

 

「タスクバーに表示するアイコンを選択してください」を選択

アイコンごとにオン・オフがスイッチで切り替えることができます。

「オン」 常にタスクバーに表示されます。

「オフ」 アイコンが表示される状態でもをクリックしなければ表示されません。

 

「常にすべてのアイコンを通知領域に表示する」を「オン」にすると
個別に「オン/オフ」の変更はできなくなり、有効なアイコンがすべてタスクバーに表示されます。

 

 

「システムアイコンのオン/オフの切り替え」を選択

特殊な項目を設定するときはこちらで「オン/オフ」を切り替えます。

 

 

タスクバーが消えてしまった!復活させるには?

【スタートボタン】 → 【設定】 → 【個人用設定】 の順にクリックします。

タスクバーを選択し、下の図のようになっているか確認してみましょう。

 

 

「タスクバーをロックする」 オフになっているとタスクバーが自由自在に動かせます。

タスクバーの縦幅が広がったり、
下にあったはずのタスクバーが、左ボタン押したままドラッグすることで上や左右に移動したりします。

 

他にも、

画面全体に表示するフルスクリーンになっている場合 → 【Esc】キーで解除

 

一度確認してみましょう!

 

Follow me!

データ復旧サービスを依頼するなら