Windows10は年に数回のアップデートで進化し続ける

Windows(ウィンドウズ)は数年おきに新しいバージョンを発売していましたが
Windouws10からバージョンアップの考え方が変わり
年に数回無料で大きく更新を行い、新機能や新技術をすばやく提供できるようになりました。

 

2016年8月には、Windows10が発売されて1年が経った記念とし
「アニバーサリー・アップデート」の配布が行われ、多くの機能が追加されました。
このアップデートとは、自動更新機能によって最新のWindowsを保ち続けています。
あなたのお使いのパソコンはこの自動更新はされていますでしょうか。

 

設定の「システム」→「バージョン情報」にあるバージョンは「1607」になっていたら自動更新されています。

 

設定を開いて自動更新されているか確認する

①【スタートボタン】クリック → ②【設定】クリック

 

開いた画面の【システム】クリック → ④【バージョン情報】クリック
→ バージョンは【1607】になっているか確認します。

 

 

自動更新されていなかったので更新したい

①【スタートボタン】クリック → ②【設定】クリック

 

開いた画面の【更新とセキュリティ】クリック
→ ④【Windouws update】クリック → ⑤【更新プログラムのチェック】クリック

【Windows10 バージョン1607の機能更新プログラム】が表示されれば更新することが可能です。

 

上記画面の下にある、【最新の更新プログラムに関する情報をお探しですか?】の
【詳細情報】をクリックすると、「Windows10の更新履歴」という画面が開き
更新を手動で行う事もできます。

 

 

過去のWindowsに慣れた人も現在のスマートフォンやタブレットに慣れたい人も使いこなせる

Windows95や、長く続いていたXPに慣れた人はデスクトップ画面に良く使うアイコンが並んでいて
他のソフトはスタートメニューから探し出す方が使いやすいでしょうし
現在は多くの人が使用しているスマートフォンやタブレットの様に
アプリが画面に並べられている方が使いやすいという人もいるでしょう。

 

Windows10はその両方を兼ねたバージョンと言ってもいいでしょう。
Windows8で初めて画面上にアプリが表示されるという仕組みを使用しましたが
残念なことに評判はあまり良くなかったため
Windows10では新しい仕組みを長く親しんできたWindowsのスタイルに付け加えて登場しました。
一旦、Windows8でな無くなってしまった「スタートメニュー」が復活したのはそのためです。

 

 

Follow me!

データ復旧サービスを依頼するなら