ワードアートを使って文書の見出し(タイトル)をもっと目立たせたい!

ビジネスで使用するための文書であれば、通常のフォントを利用するとは思いますが
子供会の回覧板やポスター、チラシなどであれば見出し(タイトル)を少しでも
目立たせたかったり、華やかにしたいなと思うこともあるはずです。

そんな時に使える機能が「ワードアート」なのです。

ワードアートはいくつかデザインがすでに用意されており
選んで文字を入力するだけで、下の例のようにできてしまいます。

自分の好きなように「色やスタイル」を変更することも可能ですよ!

 

ワードアートの挿入の仕方

ワードアートの挿入の仕方を一緒に見ていきましょう!

2つの方法があります。

  • ワードアートのデザインを選んでから文字を入力する
  • 文字を入力してからワードアートのデザインを選ぶ

どちらでもやりやすい方を選んでください。

 

ワードアートのデザインを選んでから文字を入力する

ワードアートを挿入したい場所にカーソルを置きます。

【挿入】タブ → 【ワードアート】の順にクリックします。

(ワードの画面が小さいとや、のようになっています。)

好きなデザインを選んでクリックしましょう。
例では一番下の右から二番目のデザインにしました。

 

「ここに文字を入力」というワードアートは出てきましたか?
それでは文字を入力してみましょう!
文字全体が下の図のようにグレーになっていれば、そのまま入力して構いません。

 

入力できたら【Enter】を押して確定しましょう。

 

ワードアートの枠の上にカーソルを移動し、カーソルが矢印がついた十字に変わったら
マウスの左ボタンを押したままドラッグしてみましょう。

すると、緑の線が出てきますので中心でマウスを放すと中央にワードアートを
配置することができます。

 

 

文字を入力してからワードアートのデザインを選ぶ

ワードアートを挿入したい場所に文字を入力します。
今回は例で「わくわく広場のご案内」と入力しました。

 

「わくわく広場のご案内」をドラッグをして範囲選択をします。

【挿入】タブ → 【ワードアート】の順にクリックします。

(ワードの画面が小さいとや、のようになっています。)

好きなデザインを選んでクリックしましょう。
例では一番下の右から二番目のデザインにしました。

 

ワードアートの挿入できましたか?

できたら、ワードアートの枠の上にカーソルを移動し、カーソルが矢印がついた十字に変わったら
マウスの左ボタンを押したままドラッグしてみましょう。

すると、緑の線が出てきますので中心でマウスを放すと中央にワードアートを
配置することができます。

 

このように2つのワードアート挿入方法がありました。
自分のやりやすい方手順でワードアートの挿入をしてみてくださいね!

 

次はワードアートの色やスタイルの変更です。

 

ワードアートの文字の色やスタイルを変更したい!

ワードアートで用意されているスタイルで良いときと
色やスタイルを変更して、回覧板やポスターの雰囲気に合わせたいときもあるかと思います。

ワードアートの色の変更や、スタイルの変更を一つずつ見ていきましょう。

まずは、ワードアートを選択します。(ワードアートの外枠が出ていればOK!)

【書式】タブの「ワードのスタイル」を見てみましょう。

 

 

クイックスタイル

【クイックスタイル】をクリックして、他のスタイルをクリックすると
スタイルを変更することができます。

 

 

文字の塗りつぶし

「文字の塗りつぶし」は文字の色を変えることができます。

  • 単色
  • グラデーション
  • テクスチャ

この4つの塗りつぶしをすることが可能です。

 

 

【文字の塗りつぶし】の▼をクリックしてみましょう。

  • 自動
  • テーマの色・標準の色
  • 塗りつぶしなし
  • その他の色
  • グラデーション

5つの項目に分けられています。

 

文字の塗りつぶしが「自動」

「自動」ですが、「自動」の横の■は黒になっていますね!
なんとなく、「自動」をクリックすると文字は黒になる!と思いがちです。

この「自動」とは、ワードアートの後ろの色によって白になったり
黒になったりするわけです。

下の図の例だと、後ろの色が黒なので文字を見やすく自動で白にしているんですね!
なので「絶対に黒が良い!!」という時は、【テーマの色の黒】を選択しなければいけません。

 

 

文字の塗りつぶしが「テーマの色」と「標準の色」

「テーマの色」と「標準の色」ですが、濃さが選べるようにいくつか選択肢があります。

今回はわかりやすく【標準の色の緑】をクリックして選択してみました。
すると、文字が緑に変わりましたね!

オレンジ色の部分は「文字の輪郭」になりますので色は変わりません。

 

 

文字の塗りつぶしが「塗りつぶしなし」

「塗りつぶしなし」は色が全くつかずに後ろの色が見えます。

今回はわざと、後ろの色を変更してみました。
すると、「塗りつぶしなし」なので後ろの色が見えていますね!
文字の輪郭のみ残っているということです。

 

 

文字の塗りつぶしが「その他の色」

【その他の色】をクリックすると「色の設定」画面が表示されます。

【標準】タブをクリックするとテーマの色にはなかった色を選ぶことができます。
好きな色の六角形をクリックすると「新規」の色が変わります。

 

【ユーザー設定】タブをクリックすると自分で色を設定することができます。
使用したい色の上でクリックすると「新規」の色が変わります。

 

 

文字の塗りつぶしが「グラデーション」

【グラデーション】をクリックすると

  • グラデーションなし
  • 淡色のバリエーション
  • 濃色のバリエーション
  • その他のグラデーション

4つの項目が表示されます。

好きなグラデーションを選ぶことができます。
今回は「標準の色を緑」に選択したのでグラデーションも緑が表示されています。

 

 

【その他のグラデーション】をクリックすると…

ワードの右側に「図形の書式設定」の画面が出てきます。
自分の好みにグラデーションを設定することができます!

 

文字の輪郭

「文字の輪郭」は文字の周りにある縁取りの色を変えることができます。

  • 線のスタイル

3つのスタイルを選択し、文字の周りにある縁取りを調整することが可能です。

 

 

【文字の輪郭】の▼をクリックしてみましょう。

  • 自動
  • テーマ色・標準の色
  • 線なし
  • その他の輪郭の色
  • 太さ
  • 実線/点線

6つの項目に分けられています。

 

 

文字の輪郭が「自動」

文字の塗りつぶし同様の考えです。
「自動」の横の■は黒になっていますが、
ワードアートの後ろの色によって白になったり黒になったりします。

今回は後ろの色を白のまま【自動】をクリックしました。
なので、文字を見やすく自動で黒にしているんですね!
「絶対に白が良い!!」という時は、【テーマの色の白】を選択しなければいけません。

 

 

文字の輪郭が「テーマの色・標準の色」

文字の輪郭にも「テーマの色」と「標準の色」の濃さが選べるようにいくつか選択肢があります。

今回もわかりやすく【標準の色の緑】をクリックして選択してみました。
すると、輪郭が緑に変わりましたね!

 

 

文字の輪郭が「線なし」

「線なし」は色が全くつかずに後ろの色が見えます。

残っているのはオレンジ色の影のみになります。

 

 

文字の輪郭が「その他の輪郭の色」

【その他の輪郭の色】をクリックすると「色の設定」画面が表示されます。

【標準】タブをクリックするとテーマの色にはなかった色を選ぶことができます。
好きな色の六角形をクリックすると「新規」の色が変わります。

 

【ユーザー設定】タブをクリックすると自分で色を設定することができます。
使用したい色の上でクリックすると「新規」の色が変わります。

 

 

文字の輪郭が「太さ」

【太さ】をクリックすると文字の輪郭の太さを変えることができます。

 

にじんだように見えますね!
「これって使うの?」と疑問に思う方もいると思います。

 

例としてですがこのようなワードアートの使い方をするときにも利用します。

 

ワードアートをバラバラにすると…
3つのワードアートからできていたんですね!

 

作成の仕方をご説明しますね!
一番上にあるワードアートが一番下になります。
ですので、線を太くし色も濃くしました。

真ん中はそのまま真ん中になりますので、一番上にあるワードアートよりも
線を細くし色を白にしました。

そして、一番下のワードアートは一番上にきますので
文字の輪郭の「線なし」を選び、文字の色を黄色にしました。

 

そして、すべて範囲選択をします。
範囲選択は【ホーム】タブをクリックし
【選択】 → 【オブジェクトの選択】の順にクリックします。

 

マウスの左ボタンを押したまま
ワードアートの上を右下に向かってドラッグします。

 

すると、すべて範囲選択されました。

 

描画ツール【書式】タブの【配置】をクリックし
【左右中央揃え】【上下中央揃え】をクリックします。

 

すべてのワードアートがひとつになって
下のようになるのです!

強調したいときには使えますね!
注意:【ホーム】タブをクリックし
【選択】 → 【オブジェクトの選択】の順にクリックし
オブジェクトの選択を解除しておきましょう。

 

 

文字の輪郭が「実線/点線」

【実線/点線】をクリックすると
文字の輪郭が実線になったり、点線でも様々な点線に変えることができます。

 

「太さ」と「実線/点線」ともに「その他の線」という項目があります。
クリックをすると、ワードの右側に「図形の書式設定」という画面が表示され
細かく設定することができます。

 

 

文字の効果

「文字の効果」は文字のデザインを大きく変えることができます。

  • 光彩
  • 反射

などの視覚効果を表すことができるのです。

 

【文字の効果】の▼をクリックしてみましょう。

  • 反射
  • 光彩
  • 面取り
  • 3-D回転
  • 変形

6つの項目に分けられています。

 

 

文字の効果が「影」

【影】をクリックすると

  • 影なし
  • 外側
  • 内側
  • 透視投影
  • 影のオプション

影のつく場所をどこにするのか選択することができます。

下の例では「透視投影のスタイル」を選んでいます。

 

【影のオプション】をクリックすると、ワードの右側に「図形の書式設定」の画面が表示され
細かく設定することができます。

 

 

文字の効果が「反射」

【反射】をクリックすると、影をどのように反射させるのかを選択することができます。
文字からどの程度の幅、距離で反射させるのか自分の好みで選ぶことが可能です。

 

「反射のオプション」をクリックすると、「影」同様「図形の書式設定」画面が表示され
細かく設定することができます。

 

 

文字の効果が「光彩」

「光彩」は見たままですね!
文字の周りに色を付けるのですが、色はもちろん幅も選ぶことができます。

目立たせる効果が十分にありますね!

 

【その他の光彩の色】をクリックすると
「テーマの色」「標準の色」「その他の色」からも選ぶことができます。

 

 

【光彩のオプション」】をクリックすると
ワードの右側に「図形の書式設定」画面が出てきます。
「光彩」も細かく設定することができます。

 

 

文字の効果が「面取り」

【面取り】はわかりやすく、文字のスタイルを変更し拡大して
「面取りなし」と「面取り・角度」を並べてみました。

違いわかりますか?
斜めに削っていることでワードアートに立体感がでましたね!

 

 

「3ーDオプション」をクリックすると
ワードの右側に「図形の書式設定」画面が出てきます。
「面取り」も細かく設定することができます。

 

 

文字の効果が「3-D回転」

【3-D回転】をクリックすると3-Ⅾ効果を出すことができます。
「面取り」とは違った立体感が出ますね!

 

 

【3-Ⅾ回転オプション】をクリックすると
ワードの右側に「図形の書式設定」画面が表示され
細かく設定することができます。

回転するボタンもあるので、ワードアートを回転させ
スタイルを自分の好きなように変更することが可能です。

 

 

文字の効果が「変形」

【変形】をクリックすると様々な形状が出てきましたね!
ワードアートを変形させて、回覧板やポスターを楽しく見せることができます。

下の例は端が細く、真ん中に向かって太いワードアートになっています。

 

 

いかがでしたか?

ワードアートでは決まった形だけではなく
手を加えれば加えるほど、自分らしさが演出できる機能です。
ぜひ、ワードアートを使って回覧板やポスター作りしてみてください!

 

Follow me!

データ復旧サービスを依頼するなら